漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

人生遍歴 漫画アイデアの出し方

空想の習慣が物語作りの練習!大地と理香の物語誕生

投稿日:2016年10月6日 更新日:

15439955245_c0651d6aca_b

 

僕は幼い頃から頭の中で物語を作り

その世界で遊ぶという傾向があった。

 

この習慣が今でも漫画やアートを作る基礎力となっている。

 

空想の習慣を持つことで物語を作る練習になる。

僕は小学校二年生の時、空想からある一つの物語を生み出した。

僕はこの物語を小学校二年生から高校卒業くらいまでずっとやっていた。

 

今日は空想からどういう経緯で、どんな作品が生まれたのかについて

書いていきたい。

スポンサードリンク

小学校二年生の頃「空想上の物語」を始めた。

 

29080832820_a3b03b38f7_b

僕は小学校二年生の時から一人で物語を空想するということを始めた。

 

当時土日となると、両親や祖父母と一緒に温泉へ行くという習慣があった。

 

おにぎりや弁当を作って、車で山へ向かう。

すると車窓から美しい自然の景観が見えるわけだが、これが非常に魅力的で思わず見入ってしまう。

 

今でも思い出すが深い緑をたたえた樹木、山々をずっと眺めていた。

norwegian-wood

すると僕の性質上「空想」を始めてしまう。

 

小学校二年生の時、これがきっかけで一つの物語を空想し始めた。

 

タイトルは「大地と理香」。

 

僕はこの空想にハマッてしまい高校を卒業するころまで、暇があるとずっと物語を空想していた。

 

例えば授業中とか、移動中、寝る時とか夢中になって

物語を進めていく。

 

 

大地と理香の青春ドラマで、最終的に結ばれるというラブコメ風恋愛物語。

 

「大地と理香」はだいたいこんな内容

28637521514_b5d07de955_b

理香という女性はとてもかわいい。

 

しかし、彼女はサイボーグなのだ。

 

大地が小学校一年生の時に、理香が転校してくる。

 

大地は早速 理香に一目ぼれしてしまい、彼女にぞっこんになる。

しかし内気なのと変なプライドが働いて素直に感情を示せない大地。

逆に理香をいじめたり、ちょっかいをだしたりする。

外見的にはいがみ合うのだが本心では好きな気持ちが隠せない

葛藤含みの恋愛青春ドラマ。

 

僕は自分で作ったこの物語に夢中になり、学校の行き帰りで空想するにとどまらず友人にもこの物語をススメて、同じキャラクターと設定で物語を作ってもらうようになった。

 

そして会うたびに

「今 大地と理香はどんな感じ?」との合言葉で

お互いの物語の進行状況を語りあっていた。

 

これがまた面白いもので、人が変わると物語の内容も一変し予想外の展開を友人が話すので驚くことがよくあった。

 

彼が作った独自キャラが面白くて、それを頂戴して自分の空想に登場させると展開に面白さが加わった。

 

こんなことを高校卒業くらいまで続けていると、さすがにキャラクターにも愛着を感じ、一心同体のようになってくる。

 

僕にとって最重要な作品の一つであり、人生のどこかの時点で必ずやマンガ化しようと思っている。

 

空想の習慣が創作力を向上させる

 

img_1027

今思うと上にあげた空想の習慣が「創作力」の向上に役立ったと思う。

 

マンガを描くとき、アートを作るとき、どちらにおいても空想やイマジネーションはとても大切で、それが

ありありと浮かべられると形にしやすい。

 

空想の物語というのは行き当たりばったりだったが、次に始める時良いアイデアが思いつくと、前後の脈絡をどうつけるかの展開も自然に考えることになるため

毎回続き物の連載を持つような感じで取り組むことが出来る。

 

これがマンガなどを描く際とても役立つのだ。

 

 

僕は小学校四年生の頃、好きでもないのに空手をやりだすことになったのだが、

訓練中いつも「大地と理香」の物語を空想していた。

 

空想に意識が行き過ぎて稽古に身が入らなくなる時もあったが、それくらい集中していた。

 

同時にこれは暇でしょうがない時の自分を救ってくれる遊びともなった。

 

暇になったときにはすぐに始められる

自分だけの物語。

 

頭の中で進めているから外からは分からないが、本人からするととてもエキサイティングな時間。

 

物語の展開もギャグが入ったり、バトルものに展開したり、甘酸っぱい恋愛に着地したり色々あるが、暇さえあれば空想するという習慣は尽きることのないアイデア宝庫を与えてくれた。

 

映画でもゲームでも「このキャラクター面白いな」と思ったら空想の中に投入してみよう。

 

そのキャラと自分のキャラが絡んだらどう展開するのかと空想してみるのだ。

 

創作は意外なものの組み合わせが面白さを生む。

 

空想の羽を広げていつでも出来る物語化を!

7960461442_78bcf7f07c_b

僕には尽きることのない創造意欲があり、無限のアイデアがある。

 

その原因の一つは幼いころからの空想物語にある。

 

日ごろからイマジネーションをたくましくして物語を

空想する余地を作ろう。

 

そして面白い内容を思い描けたなら、身近な人に話してあなたの世界をシェアしよう。

 

この習慣が物語を作りを自然なものにしてくれる。

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

-人生遍歴, 漫画アイデアの出し方
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

四コマ漫画「創作意欲満々の理由」~無限に続く創造力の秘密とは

  Contents1 創作意欲が無限に湧いてくるのはなぜか?2 好きな作品を何度も観て面白さを研究する! 創作意欲が無限に湧いてくるのはなぜか? 粕川裕康は一分一秒でも多く漫画や絵画を作っ …

図書館で本を通して不滅の芸術家と対話をしていた

高校を卒業したあと家に引きこもった僕はやがて芸術と出会い自らの使命を発見した。   ではその後どうしたのだろうか?   図書館通いを始めたのだ。 図書館には絵や漫画を制作する時に使 …

独学で絵画と漫画と音楽活動にのめり込んでいた自称芸術家

    僕は高校を卒業してすぐの18歳の頃、芸術と出会った。 これをきっかけに僕は絵画を知り、自称芸術家を名乗り制作活動を始めた。 それまでの僕は下手のよこ好きで漫画を描き、ギター …

バカが風邪ひくと…

漫画アイデアの発想法について「バカが風邪ひくと」第64話

  Contents1 実体験をもとにした四コマ漫画2 注射が嫌い3 何気ない体験を漫画のアイデアに繋げるには 実体験をもとにした四コマ漫画 この四コマ漫画は実体験をもとに描いたもの。 この …

引きこもり生活から本当の自分を取り戻した漫画アート芸術家

    僕は絵や漫画を描く芸術家として生きたいと願い、そのためにもアート、デザイン系の専門学校へ入学してまずは勉強しようと決める。 20歳前後の僕は「アルバイトをしながら空いた時間 …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!