漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

創作活動

悲しみを絵で表現するとどうなる?感情を絵で自己表現する方法

投稿日:2016年12月28日 更新日:

img_2080

 

 

 

あなたがもし悲しい気持ちになったらどうするだろうか?

僕ならその気持ちを絵に描く。

気持ちは絵になる。

絵というのはあらゆる感情から生まれる。

上にある作品は、僕が悲しい気持ちになった時に描いたものだ。

 

気持ちを絵にする習慣を持つ者は無限に創作が出来る。

なぜなら人間は感情の動物で、何かを感じないではいられないから。

何を描いたらいいか分からないという思いを持ったならこの言葉を思い出してほしい。

 

「自分の感情を表現する」

 

今日は気持ちを絵にする方法について書いていこう!

 

 

何か深い感情を抱いたらチャンス!


img_2082

僕は2016年12月初頭、とあることがキッカケでショックというか悲しい気持ちに陥った。

気持ちの変化というのは突然やってくるのでどうしょうもなかったりする。

 

僕はそんな時あることをする。

 

それが

「その感情に浸りながら絵を描く」こと。

これは有効なので、あなたも機会があったらやってみて欲しい。

 

例えば悲しい感情に襲われたとして、何もしなかったら深く考え込んで落ち込んでしまうだろう。

 

でも絵を描きながら考えることによって、悲しみを絵に変換することが出来る。

しかも手を使っているので、気も紛れる。

 

悩みや悲しみが走ったら、散歩して考えたり、人に相談したりもいいが、絵を描いて考えるのは一石二鳥。

悩みつつ絵も描けて、描きながら解決策を考える。

解決策が見つかったころには一枚の絵が出来ているだろう。

 

何か深い感情に襲われたら、絵を描きながら解決策を考えてみよう。

創作と一緒に気も紛れるのだ。

 

 

悲しみという感情をどう絵にしたか?


img_2095

僕は今「幻想と自然」をテーマに連作油絵を制作している→安易な上手さなんてクソくらえ!アートは異端さの表明である

 

悲しみ、ショックの感情が襲ってきたとき、僕はこの気持ちを連作で表現しようと思った。

連作には「大地より生えたる者」という生命体がいつも登場する。

 

img_1649

大地より生えたる者 のドローイング

これが大地より生えたる者(以下 生えたる者)。

僕のアートのアイコン的キャラクターである。

 

僕は自分の気持ちを表すために生えたる者を悲しみの極みに置いた。

 

 

この生えたる者の感情は、その時の僕の気持ちを完璧に表せている。

 

悲しみ、ショックを表現するためにあえてこの構図をとった。

打ちひしがれて、倒れる瞬間。

 

悲しみを表現しようとすると、「難しい」と感じる人もいるかもしれない。

しかし、表現を行う時複雑に考えるとだいたいうまくいかない。

難しく考えてはいけない。

 

シンプルにあなたが悲しみを描くならどうするだろうか?

その時パッと思いついた映像を描くと良い。

 

これじゃいけない、もっと良いのが出るとか思っている内にも絵は描きだせるのだ。

複数候補があるのならその全てを描いてしまおう。

もしくは全てスケッチブックにラフを取り、その中でいいのを使う。

img_1595

絵はとにかく出てくるものは皆描くつもりでいるのがいい。

傑作というのは100枚描くうちの1枚だと、僕は思っている。

100枚描いたとしたら最低1枚は素晴らしいのが生まれる。

 

傑作を狙って描くというより、出てくるものを皆出す中で宝石が見つかる感じ。

 

実際ピカソやゴッホがどれだけの絵を描いているか知ってるだろうか?

 

ピカソは絵画や素描だけで1万3500点以上の作品を残しており、ゴッホはたった10年の内で3000点近くの絵を描いている。

 

誰もが知るピカソやゴッホの名作はその一部。

それほど知られていない作品の積み重ねがあって、初めて傑作が生まれる。

そういう意味で言うとピカソやゴッホの名作打率はそれほど高くないのだ。

 

100枚描くうちの1枚傑作が出ればOKという気持ちで、とにかく出てくるアイデア全てを形にしていく姿勢は表現者にとって大切だと思う。

 

 

色彩は感情を表わす


img_2081

 

この絵を描くとき、色には気を付けた。

悲しみを表現したいので、明るいピンクや黄色が合わないというのは分かるだろう。

ファン・ゴッホも「色彩はそれ自体で何かを表現する」と言っているように

色はそれだけで心情を表わせる。

 

これを描いた時、闇がとても心地よかった。

悲しい気分の時にはうるさい色の配色は合わない。

だから生えたる者も色調を抑えた。

 

そして目の表情で語るよう努めた。

img_2083

生えたる者は悲しみに打ちひしがれ、希望にすがるように前を見る。

これはその時の僕の気持である。

 

絵を描くとき、僕は単純化することを考える。

複雑な要素を残しておきたくないのだ。

ムダな贅肉を全てそぎ落としていくように絵を描く。

 

この絵も「悲しみ」ただそれだけ。

そこにはきどったカッコよさやクールさなんて存在しない。

大地から生えてきた、何の装飾も持たない、本質だけで構成された生物、それが大地より生えたる者である。

 

この生命体に悲しみの感情を託して絵を描いた。

この絵を描き終わったころには、悲しみの感情は昇華されていた。

そして一枚の絵が残ったのである。

 

 

まとめ


img_2097

自分の感情が絵になると分かれば、絵を描くときに迷わなくなるだろう。

それもパッと思いついたものを描けばいいのだから。

アートを作る時、難しく考えてはいけない。

 

自分という原点に立ち返り、何が一番自然なのかを考える。

それをあるがままに描く。

 

絵を描くというのは気分的な療法にもなる。

ゴッホは精神病院に入っていた時、いつ来るか分からない発作に恐れをなしながらも絵を描くことによって精神の均衡を保っていた。

 

何か深い感情に襲われたら、ただ悩むだけでなく今後は絵を描きながら解決策を考えよう。

そうすると解決策が浮かんだ頃には一枚の絵が出来ている。

あなたの真摯な感情から生まれた一枚の絵が!

 

 

 

スポンサードリンク

-創作活動
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ペン入れ

漫画「幻想の森」を制作した背景にはラブクラフトの感動があった!

  どうも、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川です。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。   僕は漫画と絵画の制作を同時進行で行っており、漫画でもいくつかの …

変身!ドクロイド~月世界大戦争編 第3話

この作品は粕川博康が2011年頃制作した 不定期連載漫画「変身!ドクロイド~月世界大戦争編」第3話となります。 「変身!ドクロイド~月世界大戦争編 第2話」が読みたい人はこちら!   前回ま …

赤ずきん001

「赤ずきん」2016年~2017年制作の漫画

こちらは2016年~2017年にかけて粕川が制作した、グリム童話の赤ずきんを描いた漫画の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   赤ずきん   スポンサードリンク   …

猫のチッティ001

「猫のチッティ」2016年制作の漫画

こちらは粕川裕康が2016年ころに描いた漫画「猫のチッティ」の閲覧ページです。 どうぞご覧ください!   猫のチッティ2016年バージョン     スポンサードリンク & …

黒猫

漫画「黒猫」2010年制作 

    2010年制作   この漫画は粕川博康がエドガーアランポーの「黒猫」を基に創作を加えて描いた漫画です。   この漫画を作るに至った背景にはあるドラマがあ …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!