天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

人生遍歴

独学で絵画と漫画と音楽活動にのめり込んでいた自称芸術家

投稿日:2017年5月1日 更新日:

 

自分加工

 

僕は高校を卒業してすぐの18歳の頃、芸術と出会った。

これをきっかけに僕は絵画を知り、自称芸術家を名乗り制作活動を始めた。

それまでの僕は下手のよこ好きで漫画を描き、ギターや歌の練習をしていた。

 

ここに絵画が入ってくる。

今日はこの時期の話をしていきたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

父に油絵道具一式を買ってもらう

パレット

父は昔から骨董、美術など芸術の類が好きで、僕が絵画に目覚めたのが嬉しかったのだろう

油絵道具一式を買ってもらった。

僕は今だにその時の道具を使っている。

 

父方の祖父は習字の先生をやっており、カメラも趣味で撮る人で僕はどうやらおじいさんの芸術の血を受け継いだようだ。

祖父と幼い頃の自分を描いたペン画

祖父と幼い頃の自分を描いたペン画

 

18歳までの僕は絵の勉強やデッサンなどをまともにやったことはなかった。

小学校三年生の頃学校で描いた絵が入賞したりとか、中学の時美術の試験で僕の描いた絵が模範解答として使われたくらいで、特別に絵が上手いわけでもなく、むしろ僕は絵に苦手意識を感じていた。

 

そんな粕川が絵画と出会い、本格的に絵の勉強を始めた。

しかし僕の場合多くの人がやるのと恐らく違うであろうことをしていた。

それは独学で絵を学んだということ→独学で絵を学びだした時、どんな事を考えていたのか?

いかにして独学で絵を学んだか?

走る子供
僕はまず図書館へ行き、絵の描きかたに関する本をたくさん借りてきた。
 
またはそういう本を購入し、練習を重ねていく。
例えばデッサン、クロッキー、遠近法、水彩や油彩の描きかたなど。
 
絵を描くための基本的な知識というのは書籍からでも十分学ぶことは出来る。
 
ちなみにファン・ゴッホも絵画を本格的にやり出した時、独学で行っている。
ゴッホの場合「バルグの教則本」というデッサンの描きかた本を読みながら
ひたすら描くことによって練習していたと伝えられている。
 
必ずしも絵を学ぶとき独学である必要はない。
信頼のおける人に教えてもらった方が早いかもしれない。
しかし僕の場合、絵というのものを自分の力で、手探りで探り当てたかったという思いもあった

 

自然こそが絵の最良の師

線路

 

当時歴史に残る芸術家の事など様々な本をたくさん読んでいた。

その時セザンヌやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ファン・ゴッホといった画家が

「自然を師として絵を独学で学んだ」ということに感銘を受け、

また僕自身自然を愛する人間だったため独学で絵を描いていたのだ。

 

確かに絵の先生や学校に行けば描きかたなどは教えてもらえる。

 

しかし描きかたについては学ぶ方法はたくさんあって、

重要なのは描く力を付けつつも独自の表現世界を探求していくこと

だと感じていた。

 

何より最高の芸術作品である自然を観察し、

描くことで学ぶことの方がより得るものが多いと感じていた。

 

多くの人は自然と聞いた時、別になんてことはない風景くらいにしか考えないだろう。

しかし芸術家の目で自然を観察する時、そこには驚くべき神秘があるのだ。

 

例えば小道に生えている葉っぱ。

 

葉っぱ

 

何でもない日常の風景でしかない。

しかしこのなんでもない葉っぱを注意深く観察してみよう。

なんと精妙で、美しく、生命感に溢れていることだろう?

 

植物は水と二酸化炭素を吸収し、酸素と炭水化物を生成している。

一見何でもない葉っぱはこんな大それた、人間にとって必要不可欠なことを行っている。

 

こう考えた時葉っぱに不思議を感じた僕は葉っぱや石や、大木や森など自然に属するものをスケッチという手段で表現するようになった。

 

スケッチの方法

木スケッチ

①スケッチブックを持って外を歩く

②気になったモチーフを見つけたらどこかに腰かけてスケッチを行う

③石や枯れ枝なら持って帰って家で描く

僕はこんなことをよくやっていた。

 

絵を描く時、大地より生まれてきたものを描くようにしている。

逆にコンクリート、建築物など人工的なものをモチーフに選ぶことはあまりない。

というのも僕は大地に根差した、より生命的なものに感動を覚えるのであり、大量生産された人工制作物をわざわざ描きたいという衝動が湧かないのだ。

そんなこともあって僕は「大地より生えたる者」という絵画の連作を行っていたりもする。

生えたる者

ファン・ゴッホやセザンヌも「自然こそが偉大なる師である」というたぐいの事を言っている。

僕も同感だ。

車を描くくらいなら川のせせらぎを描きたい。

「幻想の森の中にある木橋」

「幻想の森の中にある木橋」

 

つまりは生命感なのだ。

大地より生えたる生命…樹木、川、動物、石、森、人間、太陽、風や虹、昆虫など

生命を表現したいと感じている。

 

人生初の油絵を18歳の頃に描く

僕は父に買ってもらった油絵道具を使い、油彩で絵を描きだすようになる。

静物、人物、風景など色々なものを描くようにしていた。

 

僕は絵を描く時、何か一ジャンルに絞って描くようなことをしたくないと思っていた。

なぜなら僕にとって絵を描くとは自己を表明する事だから。

 

絵のスキルを上げるためにある特定のジャンルに特化するという考え方ではない。

確かにマーケティング的にはそちらの方が良いかもしれない。

 

僕は表現者であり、自分が感動したものを描くのだ。

それが風景だろうと、動物だろうと、物語だろうと、イメージ、人物、静物だろうと。

 

そんな流れで18歳の頃最初期に描いた油彩自画像がある。

18歳自画像

 

この絵はあまりにも未熟だ。

でも、それでいい。

未熟な姿をさらそう。

 

なぜなら絵画は、漫画は、人生は「過程そのもの」だからだ。

未熟な状態から成長していく過程そのものを作品と呼ぶ。

上の絵は未熟だけど、確かな歩みの一歩。

 

今この瞬間も通過点に過ぎない。

 

 

過去に描いた未熟な絵は人生の刻印と言える。

これは生命の偉大な足跡である。

 

だから僕は下手な絵も躊躇なくのせる。

その積み重ねが僕の人生であり、芸術の刻印だから。

 

 

絵が完成するという事は生涯ないだろう。

あのモナリザでさえ未完の作品なのだ。

 

もしも画家にとって作品が完成する時があるとすれば、

それは彼が死んだ時に完結する。

 

画家の人生の軌跡全体が作品であり、

その一瞬を切り取ったものが絵画と言えるからだ。

 

表現者は人生全体で作品を作るのだ。

 

漫画や音楽活動もしていた

ジャスト

 

絵画を描く一方で漫画やギター、歌の練習もしていた。

例えば漫画で言うと高校時代にクラスメートと一緒になって作った雑誌「週刊少年JUST」(全然週刊ではない!)をリニューアルして、新週刊少年JUSTと称して漫画を描いていた。

その時に連載していた作品が「変身!ドクロイダー」。

ドクロイド

 

変身…ドクロイダー!!!!

 

 

ってな感じで天童大が変身する。

天童大セリフ

僕は後年この漫画を使って恥ずかしながら海外の電子漫画家デビューを果たしたりもする。

 

音楽活動

ブルース

 

音楽ではとにかく1960~1970年代の洋楽ロックが好きなので、ギターや歌の練習をしていた。

特に僕はローリングストーンズが好きだからジャンピンジャックフラッシュや

ホンキートンクウィメン、ブラウンシュガーなどは

しょっちゅう弾いていた。

 

友人とカラオケに行けば洋楽ばっかり歌うし、誰かとスタジオでセッションをすればキースリチャーズ(ストーンズのメインギタリスト)になったつもりでギターをかき鳴らす。

アンプから大音量で流れるジャンピンジャックフラッシュのリフは最高だ。

 

しかしなぜ僕がそのまま音楽活動をしなかったのか?

確かに音楽は聴くのも演奏するのも好きだ。

 

しかしどうしても音楽が浮かんでこなかったのだ!

漫画や絵画のアイデアはうなる程生まれるのに、曲に関しては全く出てこない。

 

さらに言うと僕は創作活動をする時、

誰かと一緒に共同で作品を制作するということに興味が湧かなかった。

 

あくまで絵画や漫画のように個人で完結する表現者だったので、

バンド形態を取る音楽活動が合わなかったのである。

 

そんなこともあり今では音楽活動はやっていないけど、

今だにミュージシャンに対する憧れというのは強く存在する。

自分が音楽を生み出せないので、

素晴らしい曲を創作したりプレイできる人に崇敬の念すら感じるのだ。

 

この時期音楽活動をやっていて良かったと思う。

なぜなら音楽を絵画で表現する方法を学ぶことが出来たからだ。

音楽はただ聴くだけでなく、絵画表現として転化させることも出来る→好きな音楽を聴いて浮かんだイメージを絵で描く方法

 

僕が心から愛するミュージシャンは

 

アマデウス・モーツァルト

ジョンレノン

ローリングストーンズ

グスタフ・マーラー

 

至高の感動が彼らの音楽にはある。

 

漫画とアートを融合する画家のまとめ

自分

 

絵画、漫画、音楽をやりながら、一方ではアニメ、映画、本の傑作に触れ続けていたあの時。

 

そんな生活の中で僕の中にある後悔が生まれた。

 

もうどうしょうもない程の後悔だった。

過ぎ去った人生は取り戻しようがないのは分かっている。

でも何としても叶えたい願望がその時生まれたのである。

 

それもあるアニメを観ている時に!

それは何か?

 

粕川博康の人生は急転換に直面するのであった!

いつもお読みいただきありがとうございます!

 

⇒粕川博康の創造人生第5話はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

-人生遍歴
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

仮面ライダーやウルトラマンや特撮ヒーローを観て漫画創作を勉強した

    僕がまだ保育園の頃だったろうか、母がレンタルビデオを借りてくれると言った。   当時はDVDなんてものはなく、ビデオテープが全盛であり僕はビデオなんて一度も見たことがなかっ …

アリスの食事会のイラスト

童話は現実と幻想が混在した物語作りの教科書!現実と幻想の切りかわる場面を紹介

  童話は現実と幻想のはざまにある、物語作りの教科書だと思っている。 漫画アートを作る筆者は、童話から物語作りのエキスを吸収することが多い。   童話なんて子供の読むもの、なんて思 …

黒猫

尻焼温泉とエドガーアランポーで出会った黒猫から誕生した狂人漫画

2010年頃、粕川が当時の心境を描いた、狂った漫画がある。 「狂った」と書いたのは一般の方々から見た時、明らかに誇大妄想狂のように映る漫画だからである。 しかし漫画を描くという事はそこに自分を投影させ …

後悔に駆られたあなたが創作パワー全開にする4つの方法

人間誰しも後悔の念に襲われる時がある。 凄まじい後悔の念に駆られる、そんな事が僕にもあった。 後悔の念というのはとても苦しい。 あの時こうしていれば! なんてことを考え出すといても立ってもいられなくな …

なぜ漫画を描くのか?人生を変えた漫画表現との出会いを激白!

なぜ漫画を描くのか?人生を変えた漫画表現との出会いを激白!

  筆者は物心ついたころから絵を描いており、7歳のときにはオリジナルで漫画を描きだしていました。 それ以降も漫画を描き続け、現在このブログで漫画を連載しています。   では漫画アー …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画