天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵の描き方

隙間時間を活用して絵を描くと画力アップにつながる話

投稿日:2016年9月20日 更新日:

隙間時間,絵
絵を描く少年のイラスト

絵が描けるようになりたい!

絵が上手くなりたい!

そんな方へ向けて隙間時間を活用してできる簡単な絵の上達法をお伝えしよう。

必要なのはスケッチブックと描くものがあればOK。

スポンサードリンク

隙間時間を活用してスケッチブックにとにかく描く

img_2115

隙間時間を活用して絵を描くことで、少しづつ絵を描くことに慣れてくる。

まずスケッチブックと筆記用具を用意する。

そしてあなたの目に映るものを、何でもいいので描きだすのだ。

あまり形にこだわらず、おおまかでいいので、形や陰影や質感などを捉えて描く。

隙間時間を活用しているので、そんなにゆっくりと描く時間はないかもしれない。

そんな時はクロッキーをしよう。

この際大切なのはよく観察して描くこと。

「絵を描くとはつまり観察することだ」と言われている。

対象をじっくり見て、その通りに描いてゆく。

最初はヘロヘロの線になってしまうだろうけど、全然気にせず描く。

数をこなせば、だんだんコツがつかめるようになるだろう。

ともかく、描きださないと始まらない。

どうしたら対象を描き写せるだろうか?

こんな自問自答をしながら、スケッチを通して描くことに慣れよう。

僕はどんな絵を描くにしても、全ての基本はデッサンにあると思う。

対象を観察し、その形態、量感、質感などを平面である紙に映す作業は絵を描く上での基礎。

デッサンは野球でいう素振りのようなもので、終わることはなく、生涯やり続けるものだと思う。

描写力とは関係なさそうに見える抽象画を目指す人であっても、デッサンが基本であることは揺るがない。

対象をしっかり描ける力があって初めて形を崩すことができ、その魅力を生かせる。

ただデタラメに描くような絵は、それこそ子供の絵と変わらない。

子供の絵の純真性こそ魅力だ、というのは分かる。

けどデッサンはやらないよりやった方がいいのは確かだ。

パブロ・ピカソやジョアン・ミロなど一見ヘタそうな絵を描く人も、実はデッサンをやらせると非常にうまい。

しっかりデッサンを訓練したから、対象をデフォルメして描いても様になるといえるだろう。

img_2131

僕は本格的に絵を勉強しだしたのは18歳になってからだった。

絵をまじめに描きだすのが遅かったのだが、まず練習したのがデッサン。

以下の画像は、本格的に描きだしたデッサンの1枚目。

img_1453

とりあえず目につくものは何でも描いた。

そして数をこなした。

たくさん絵を描いていると、やがて質に転化する。

ぼくはいまも絵を描く修行中の身だけど、当時よりは自由に描けるようになっている。

デッサンするのは石膏像でなくても大丈夫。

石でも動物でも外を歩くおばあさんでも、UFOでもいい。

大切なのは、描くこと。

絵は「どれだけ描いたか」の要素が大きい。

素質の多少はあるにしても、上達するよう考えながら描いた量だけ、確実に上達するだろう。

隙間時間を活用して描いた絵は保管しておこう

img_2360

もう一つ大切なことは、隙間時間を活用して描いた絵を大切に保管しておくこと。

隙間時間に描いた絵といえど、作品であることに変わりない。

隙間時間で描いた絵でも大切に取っておくと、後で見返すことができる。

自分の絵がどれだけ成長したかが把握できるので、やる気にもつながるだろう。

どんな些細な走り描きでも、その瞬間のあなたから生み出されたアートなのだ。

もしあなたの絵に価値が出たとき、保管しておいた絵はきっと人が見たがるだろう。

だから隙間時間を活用して描いた絵も、大切に保管しておく必要があるのだ。

絵を描くとき、人と比べる必要はない。

あなたがどれだけ成長できたかが大切。

さあ、始めよう。

絵は楽しんで描くのが一番!

隙間時間に絵を描くには、スケッチブックがあると便利。

スケッチブックと描くものがあれば、どこでも隙間時間に絵を描く練習ができるのだ。



以下の記事では絵がど下手だった筆者が隙間時間を活用することで、絵が描けるようになった練習法について書いてあるぞ♪

スポンサードリンク

-絵の描き方

執筆者:

関連記事

写真,絵,変換

写真を絵に変換する方法とは?想像力や偶然性を絵に活かせ!

  今日僕は写真を絵に変換して創作をする方法について書いていこう!   あなたはどんな風に絵を描くだろうか?   実際に風景を前にして描く 頭の中にある想像世界を描く 人 …

色彩,表現

色彩はそれ自体で何かを表現する?色の組み合わせで自分自身を表現しよう!

  「色彩はそれ自体で何かを表現する」。 19世紀オランダ出身の画家フィンセント・ファン・ゴッホが言った言葉だ。 色彩は、それを置くだけでなにものかを語れるのだ。   実際にゴッホ …

絵,感覚,で,描く

絵を感覚で描く創作法を紹介!雰囲気を感じてそのまま絵にしよう

  絵を感覚で描く創作法がある。 僕は雰囲気を敏感に感じ取り、絵や漫画を感覚で描くことがある。   この記事では、絵を感覚で描く創作法について解説していこう!   Con …

チッティと仲間たちのイラスト

【漫画のつけペン練習法】簡単5つのペン練習と練習用の紙とは

「使いずらいな~、漫画のつけペンって!」 ふだん使っているボールペンや鉛筆に比べて、漫画のつけペンは慣れるのに時間がかかります。   「よし、漫画のつけペンの線を引く練習するぞ!」って思われ …

絵画,習作

絵画の習作は練習台ではなく完成作を支える作品だった!

  絵画の習作は単なる練習台ではない。 習作は完成作を支えるために必要な道程である。   だから絵画の習作とは完成作を支える作品なのだ。   そんなことを思ったのでこの記 …

スポンサードリンク

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
漫画アートYouTube動画も配信中!
アート&イラスト作品集を見たい人は以下画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告

無料で読める電子書籍漫画

無料で読める電子書籍漫画シリーズ
原作とキャラクターをお借りして制作した漫画
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画