漫画アート芸術家

漫画とアートを組み合わせて創作を行う漫画アート芸術家が、漫画の描き方や芸術、創作活動について書いているブログです。

特撮ヒーロー

芸術家の視点から見た特撮テレビ番組人造人間キカイダーの魅力

投稿日:2017年8月29日 更新日:

こんにちは、漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う芸術家の粕川です。
僕は絵画や漫画の制作をした後よくアニメや特撮、映画を観る事があります。

今回感銘を受けた特撮ヒーロー作品があるのでそれをご紹介します。

 

それは…

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダー!

1972年に放送された石ノ森章太郎原作の特撮テレビ番組。

 

僕は小学生の頃にビデオで人造人間キカイダーを観たことがあるのですが、大人になった今この作品を観てあらためて感じた面白さ、魅力があります。

本日は漫画と絵画を組み合わせた創作を行う粕川が表現者の目から見て感じた特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」の面白さや魅力について書いていきます。

スポンサードリンク

人造人間キカイダーとは

 

人造人間キカイダーは石ノ森章太郎氏により1972年~1974年頃特撮テレビ番組のタイアップ作品として週刊少年サンデーに連載されていた漫画です。

漫画版の人造人間キカイダーは特撮番組の原作とされていますが実際はテレビの企画が初めにあり、その原作者としてすでに仮面ライダーで実績を出していた石ノ森章太郎氏が起用されました。

 

ここに東映の平山亨氏らスタッフが加わって制作されたのが特撮テレビ番組の「人造人間キカイダー」です。

特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」は1972年7月8日~1973年5月5日にかけてNET(日本教育テレビ)で毎週土曜日の20:00~20:30にかけて放送されていました。

 

時期的には変身ブーム真っ只中の「仮面ライダー」が大ヒットしている中で、その対抗馬として企画された人造人間キカイダー。

 

物事には勢いや波、バイオリズムのようなものがあります。

 

仮面ライダーで大ヒットを放っていた東映がノリにノッている時に人造人間キカイダーを制作したわけですから、駄作なわけがありません。

 

 

その証拠に人造人間キカイダーの裏番組で当時恐るべき視聴率を誇っていた「8時だョ!全員集合」があるにも関わらず人造人間キカイダーは最高で視聴率が16%にまで上昇しています。

同じ時間帯に放送されていたお化け番組「8時だョ!全員集合」の平均視聴率が27%を出していた事を考えると人造人間キカイダーの人気が凄かったのが分かります。

 

この人気の為に人造人間キカイダーは続編として「キカイダー01」も制作されることになりました。

 

人造人間キカイダーのテーマ

キカイダー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダーの特徴はそのデザインにあります。

 

赤と青の半々でデザインされた姿の他に頭の半分から機械が透けて見える顔がイカしていて、幼い頃初めてキカイダーを見た時に一目で好きになった記憶があります。

子供心をくすぐる人造人間キカイダーのデザインは人体模型をモチーフにしているそうです。

 

原作の石ノ森章太郎氏は人造人間キカイダーの左右非対称のデザインを自らの「ベストワーク」「不完全だから完全」という言葉で表しています。

 

不完全だから完全」
この言葉は奥が深く、芸術に通じるものがあります。

 

僕の中でアートや芸術とは自分を表現するものであり、自分とは未完成な一人の人間です。

 

自分という不完全な存在を絵や漫画で表現する事が僕の芸術。

 

そして人間に完璧な人というのは存在しないので、人間が皆不完全であるという事は真実です。
人間に完全な人がないように、作品にも完璧なものなど存在しません。

 

作品も人間の様にいびつさがあり、このいびつさが素晴らしいのです。

「不完全な自分を表現する事によって人間は皆不完全である」という真実の一部に切りこめるという解釈で、「不完全だから完全」という石ノ森氏の言葉に僕は大きな感銘を受けました。

 

人造人間キカイダーのテーマ

 

人造人間キカイダーのテーマは「不完全な良心回路を持ち、善と悪の狭間で苦悩する人造人間の戦い」です。

 

僕が人造人間キカイダーで素晴らしいと思ったのが上のテーマに対して石ノ森章太郎氏の考えた以下の設定です。

 

・人造人間キカイダーの体の青色は正義の心を表わし、赤色は悪の心を表わしている。

 

人造人間キカイダーの赤と青半々のデザインは「不完全な良心」を表わしているのです。

不完全な良心回路を持つがゆえに正義と悪の狭間で葛藤する人造人間という発想が素晴らしいと思います。

 

漫画を描く時、ドラマに面白みを加える為に主人公に対して大きな問題、葛藤を与えるというのは鉄則です。

 

石ノ森章太郎氏は主人公の葛藤として正義と悪という要素を持ち出し、人造人間の主人公を苦悩させる事により読者に対して問題提起を行っているのです。

 

石ノ森氏は正義と悪の心を青と赤という色に反映させ、キカイダーのデザインとして施すという非常に上手い見せ方をしています。

 

正義と悪の狭間で悩む人造人間という漫画のテーマをキャラクターに反映させ、面白く見せつつも考えさせる深い創造性を見せる石ノ森章太郎氏。

 

実は「人造人間が正義と悪の狭間で悩む」というテーマは石ノ森氏の代表作である「サイボーグ009」や「仮面ライダー」にも共通しています。

 

漫画家に限らず表現者は、自分の表現したいテーマをいくつもの作品に反映させて創作を行います。

 

例えば手塚治虫氏が「人間の尊厳、生命」をテーマに幾多の漫画作品を生み出したように。

 

僕の感覚ではこれは「テーマの連作」だと思っています。

僕も「幻想の森」や「囚人牢獄」などのテーマで漫画や絵画を創作していますから。

幻想の森

 

石ノ森氏は「正義と悪の狭間で葛藤する人造人間」というテーマで連作を行った表現者だという事です。

僕は「他の人間とは違う人造人間という孤独な運命を背負った主人公」という石ノ森氏のテーマにとても感銘を受けます。

 

サイボーグ009でブラックゴーストによって罪もない人間がサイボーグに改造されて、悪と戦う事になる9人の葛藤。

改造人間にされ、やむなく仮面ライダーとして悪の組織ショッカーと戦うはめになった本郷猛の孤独感が胸に沁みます。

 

そんな強い共感を呼び起こす石ノ森章太郎氏のテーマ、作品性に心より感銘を受けます。

 

漫画版とテレビ版の違い

特撮版と漫画版の人造人間キカイダーは基本的な設定は同じでも物語の展開は異なります。

 

・漫画版→主人公ジローが10代後半の少年
・テレビ版→主人公ジローが20代前半の青年

 

主人公の年代が違う事により、悩みや葛藤の内容に微妙な変化があります。

また漫画版の人造人間キカイダーは石ノ森氏が「敵となった兄弟で殺し合うアンドロイドの悲劇」を描いたのに対して、テレビ版では「基本的なヒーロー路線を守り、悪の組織ダークが送り込む敵ロボットと戦う正義の人造人間キカイダー」という展開になっています。

 

人造人間キカイダー物語の大筋

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダーの物語は光明寺博士を探すという目的に向かって進んでいきます。

 

 

ロボット工学の世界的権威である光明寺博士は悪の組織ダークに拉致されましたが、ダークを倒すためにダーク基地でひそかに作ったのが人造人間キカイダー。

 

つまり人造人間キカイダーとはダークの戦闘用アンドロイドであり、人間の時の姿が主人公のジロー。
ジローが不完全な良心回路を持つゆえに善と悪の狭間で苦悩しながらも、キカイダーとして戦い成長していく物語です。

 

奇跡的にダーク基地から脱出した光明寺博士は、記憶を失い、帰る場所も分からず日本全国を放浪します。

光明寺博士が日本全国を放浪する姿にどことなくはだかの大将こと放浪の画家山下清を感じるのは僕だけでしょうか?

 

光明寺博士の子供である姉弟のミツ子とマサルはジローや探偵と共に父を探す旅に出ます。

 

 

要約すると

 

特撮テレビ番組人造人間キカイダーは

 

・ジロー(人造人間キカイダー)
・光明寺博士の子供であり姉弟のミツ子とマサル
・ギャグキャラ的な位置づけの探偵キャラクターのハンペン

計4人が光明寺博士を探す旅をする物語です。

 

旅と言ってもいつも4人一緒にいるわけではなく、別行動もするし邪魔をしてくるダークの怪人と一緒に戦ったりもする。

 

ミツ子はアンドロイドであるジローに恋をしたり、光明寺博士とジロー一行が行き違いになったりと物語は進んでいきます。

 

ダークヒーロー・ハカイダー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

人造人間キカイダーは後半になると強力な敵キャラクターとしてハカイダーが登場します。

ハカイダーとはダークにマインドコントロールを受けた光明寺博士がキカイダー打倒の為に作り出した改造人間で、第35話から登場します。

 

キカイダー サブロー

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

ハカイダーの人間の時の姿がサブロー。

 

ハカイダーの頭には彼を作り出した光明寺博士の脳が埋め込まれているので、キカイダーからしたら光明寺博士を人質に取られているようなもので非常に戦いづらい。

ハカイダーの体には良心回路とは正反対の悪魔回路が内蔵されており、キカイダーを倒す事に執念を燃やしています。

 

キカイダーと対照的な個性を持つハカイダーの存在感は大きく、スピンオフとしてハカイダー単体の作品が作られるなどその後の特撮モノのダークヒーローに影響を与えています。

 

人造人間キカイダーの面白さや魅力

ここから特撮テレビ番組人造人間キカイダーの面白さや魅力について書いていきます。

OP&EDがカッコいい!

僕の中の判断基準として特撮ヒーロー番組はオープニング(OP)とエンディング(ED)の曲がカッコいいととても魅力を感じます。

 

僕はアニメでも特撮でもOP&EDを毎回見るどころか、漫画や絵を書く時もOP&EDだけを集めた動画を流しながら制作しています。

OP&EDを見る事でワクワクし、本編を見る楽しみが増加するのです。

 

OP&EDのどちらもカッコいい特撮作品に仮面ライダーやバロム1があります。

そして今回解説している人造人間キカイダーもOP&EDが最高にカッコいいです!

 

キカイダーがサイドマシンに乗って爆走しダークのアントマン達と戦う映像の中で流れるOP&EDの疾走感は本当に魅力的。

 

僕は人造人間キカイダーのOPの冒頭、ダムのある道からサイドマシーンで走り込んでくるキカイダーを観るたびに最高のワクワクを感じ漫画や絵画の創作意欲が爆発します!

→人造人間キカイダーのOP&EDはこんな曲!

 

サイドマシーンとジローの服とギターの色

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

人造人間キカイダーを観ていて面白いと思ったのが派手で明るい色の組み合わせです。

 

明るいイエローのサイドマシーンに乗り真っ赤なギターを背負った青い服を着るジローの姿を見た時、ふき出しそうなほど面白かったのを覚えています。

 

真黄、真赤、真青という子供が喜びそうな無邪気な色をまとったジローが、真面目な顔で善と悪の狭間で悩み、戦う姿が違和感があり面白かったのです。

 

もしも公道でジローがサイドマシーンに乗っていたら一発で分かりますよ(笑)

 

子供向け特撮番組では子供に強い印象を残す為に補色(お互いの色を引き立てあう関係の色)に近い色でデザインされたヒーローが多いです。

赤と緑の仮面ライダーV3、レモンイエローとスカイブルーのイナズマンが良い例ですね。

 

人造人間キカイダーは補色ではないものの赤と青の半々デザインに目立ちまくりなイエローのサイドマシーン!

 

これでもかという程に色で存在を主張しています。

 

僕はこのシンプルでいて子供っぽい感性にとても魅力を感じます!

 

赤いギターを弾きながら突然現れるジロー!

 

人造人間キカイダーと言えば何といってもジローの登場シーンが傑作!

 

ダークの魔の手にかかり人々がピンチに陥った時、突如流れてくるギターの音色。

振り向けばヘルメットをかぶりながら真っ赤なギターを弾くジローの姿!

 

しかも決まってジローは家の屋根など高い所から見下ろすように登場する。

 

このジローの異様な存在感とインパクト…あなたが一番目立ってるよ、ジロー!

 

ダークの敵ロボットも真っ青なインパクトで登場するジローは、そのままハイジャンプで敵の前に到着するとダークと戦いだします。

この登場シーンのカッコよさは確実に子供心をノックダウンするはずです。

 

またカッコいい事にジローはここぞ!というタイミングで登場するのです。

ダークの手で仲間が殺されそうになる時、どこから来たのか最良のタイミングでジローは現れます。

登場する時のタイミングの良さは「13日の金曜日」のジェイソンに並ぶでしょう!

 

ここぞという時に現れるという事は常にダークや仲間達を尾行しているのか?と思いつつ、これがヒーローのお約束なのかもしれません。

 

なぜギターを弾きながら登場するのか?

なぜジローはギターを弾きながら登場するのか?と僕は考えた事があります。

僕の予想では1972年と言えば1969年にビートルズが解散し、ローリングストーンズが一人勝ちする中でレッドツェッペリンやディープパープルといったハードロックが全盛になっている時代です。

 

流行の流れを感じた制作側はロックの影響からジローにギターを持たせたのでは?という考えに至りました。

 

ギルの笛

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

 

ダークを率いるプロフェッサー・ギルが杖に仕込んである笛の音を聴くとジローは不完全な良心回路にダメージを受けます。

 

なのでギルは戦いが始まるとダーク基地からお得意の笛を吹いて、ダークロボットの士気をあげたり、笛の音でジローを苦しめたりする。

ジローがどこにいてもギルの笛音は聞こえるようで、笛を吹かれるとジローは両耳をふさいで苦痛にみまわれます。

 

人造人間キカイダーの小説版ではギルの笛は電波に乗せて高速で音を届けていると説明があります。

 

しかし笛の音より大きい別の音や、聴覚を遮断する事で笛の効力がなくなるようです。

ちなみのギルの笛の音はキカイダーに変身されると効力をなくします。

 

ダークとしてはギルの笛で動きを封じられている間にジローを攻撃するのが一番の得策なのに、笛の間中決まってジローを攻撃しないという面白さ!

 

笛を吹いてジローが苦悶するとミツ子やマサルに邪魔されたり、何らかの音にかき消されたりしてキカイダーに変身されるダーク。

 

ダーク程の組織力があり、いつでも笛でジローの動きを封じる事が出来るのに、毎回キカイダーに変身されて倒されるダークの面白さも魅力の一つなのです。

 

キカイダーの変身

キカイダー 変身

(c)石ノ森章太郎/NET・東映

ジローが人造人間キカイダーに変身
する時、以下のような行動を取ります。

 

ジローが「チェンジ」と言って三本の指を前に出し、「ワン」で右手を左肩、「ツー」で左手を右肩に、「スリー」で両手を掲げてジャンプをして変身します。

 

昭和の特撮ヒーローは変身シーンの映像が使いまわしで使用される事が多いので、毎回同じ映像を見る事になるんですがこれがまた良いのです!

 

定番の変身シーンと映像が変身前と後を区別する扉のような役割を果たし、子供心に見るたびにドキドキしたものです。

 

また同じ変身映像を使う事で子供の心に変身シーンを強く刻み込む事も出来ます。

特撮ヒーローものが好きな方にとって変身シーンは番組の見せ場だから楽しみですね。

 

 

特撮ヒーローものの謎として仮面ライダーやキカイダーが変身する時に敵は一切攻撃しないのはなぜだろう…。

卑劣な犯罪を犯すショッカーやダークも変身時だけは手を出さないという暗黙の了解があるのかもしれません。

 

原点となる作品が面白い!

音楽でも漫画でも特撮でもそのジャンルの原点となる作家の作品には革新性があり、普遍的に残る魅力を備えているものが多いと感じます。

 

特撮で言えば仮面ライダー1号2号、初代ウルトラマンやセブン、戦隊ものなら元祖である秘密戦隊ゴレンジャーなどが原点となる作品ですね。

 

仮面ライダーもウルトラマンも戦隊シリーズも今でこそ続いていますが、現在の仮面ライダーやウルトラマンが大人の目で見て面白いかと言うと僕の感覚では疑問が残ります。

なぜならシリーズ化されてお決まりの展開がすでに出来ており、その焼き回し的な印象を受けるからです。

 

仮面ライダーが初めて放映された時バイクに乗りながら変身したり、ポーズを取って変身する姿は非常に斬新でした。

なぜなら仮面ライダーやウルトラマンは特撮ものの原点となる作品だから、内容が革新的なのです。
これらジャンルの出発点となる作品には、下敷きとなる展開がない中で手探りで実験しながら作っている様子が感じられます。

 

漫画であれば手塚治虫、ロックならビートルズ、アニメならディズニー、絵画ならピカソ、クラシック音楽ならJ.Sバッハなどの作品はそのジャンルを切り開てきただけあって、時代を揺るがすような奔放でパワフルな表現力に満ちています。

 

こういう人達の作品に接していると、絵画や漫画表現がいかに自由で広大な可能性を持っているかが感じられるのです。

 

道なき道を切り開く開拓者の作品は、そのジャンルの可能性を広げてくれる創造の秘密が隠されていると常々感じます。

 

今回ご紹介している人造人間キカイダーにも特撮の原点となる要素がたくさん詰まっています。

だから僕は古さなんて気にせずいまだに見ているのです。

 

いやキカイダーなどの特撮創世記の作品は古さこそ魅力です。

 

現代の特撮に比べて古い特撮作品は作りが安っぽく映るかもしれない。

 

しかし特殊な映像技術を使わない手作りの特撮でしか生み出せない感動があるのみでなく、いかにも作りものっぽい着ぐるみやデザインに僕は純粋性や無垢な感じを受け素晴らしいと感じます。

 

普遍的に愛される作品は時代の古い新しいに左右されない魅力があるのです。

 

最後に

人造人間キカイダーは東映が仮面ライダーという特大ヒットを飛ばしている時に、仮面ライダーの競走馬として制作された勢いのある時期の作品です。

 

僕は現在も人造人間キカイダーを観ていますが映像や表現の古さに関わりなく面白い、ドキドキワクワクさせてくれる作品だと感じます。

 

子供向けの作品であるにも関わらず、善と悪との葛藤の中で悩む主人公像を打ち出し、ハカイダーなどの有名キャラクターも生んだ人造人間キカイダー。

しかもOP&ED両方ともに曲がカッコよく、聴いてるだけでワクワクします。

 

人造人間キカイダーを見ているだけで創作意欲がグングン湧いてくるので最近では様々な特撮やアニメを観る事を日課にしています。

 

面白い作品、感動する作品に多く触れ、その面白さの要素を吸収して自作に生かす事は漫画や絵画の創作力を磨く力になります。

 

人造人間キカイダーや仮面ライダーが持つ異形な存在ゆえの孤独、苦悩を胸に一人悪と戦っていく姿は今見ても胸に刺さります。

 

僕は人造人間キカイダーの最大の見所は、不完全な良心回路を持つアンドロイドが善と悪の狭間で葛藤しながらも悪の組織ダークと戦う姿にあると感じています。

 

この主人公キャラの葛藤やテーマの奥の深さこそ石ノ森章太郎氏の創造性の凄さであり、人造人間キカイダーの魅力でもあるのです。

 

スポンサードリンク

-特撮ヒーロー

執筆者:

関連記事

イナズマン

胸を熱くする特撮ヒーロー、イナズマンの魅力と感想を書いた!

    イナズマンという作品がある。 仮面ライダーや人造人間キカイダーを生み出した石ノ森章太郎氏原作の子供向け特撮テレビ番組だ。   僕はとある事からイナズマンを観る機会 …

キカイダー01

キカイダー01の傑作ゆえの残念さ!最終回まで観たビジンダーの魅力

僕はついにDVDで「キカイダー01」を最終回まで全エピソードを観てしまった! キカイダー01を全部観て感じた感想を告白させてもらおう!   キカイダー01はあまりにも…あまりにも… &nbs …

バカオ バロム1

【特撮テレビ番組】超人バロム・1の面白さや魅力を徹底解明!

  超人!バロム1! 知る人ぞ知る特撮テレビ番組の傑作! バロム1と言えば二人の子供が手をクロスして合体変身するヒーローだ。   そしてバロム1に出てくる魔人のグロテスクさは仮面ラ …

アンドロメダ

ウルトラマンエース最大の魅力は北斗星司と南夕子の…

生まれて初めて借りてもらったビデオが人生を変えた。 当時僕は5~6歳、母に近くのレンタルビデオショップに初めて連れて行ってもらった時、その作品と出会った。   「ウルトラマンエース」! (c …

サイボーグ

キカイダー01のdvd1~2まで観て感じた魅力とかっこよさ!

  漫画と絵画を組み合わせて創作活動を行う粕川は特撮版「キカイダー01」を観だしている!   「人造人間キカイダー」が驚くほど傑作で、最終回を観た時「これで終わってしまうのか…」と …

サイト内検索

プロフィール

プロフィール

プロフィール
粕川裕康/漫画アート芸術家。漫画描きと油絵描きをしており、二つ合わせて漫画アート芸術家!/漫画とアートを組み合わせた創作活動をしています。

RSS Feed RSS - 投稿

粕川も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
4コマ漫画ランキングに登録しています!毎度ご声援感謝いたします!