天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵画について

絵画とは一体何?意味を探ると見えてきた物体を越えた意外な真実とは?

投稿日:2017年4月24日 更新日:

女性が絵画の前に立っている画像

 

絵画ってそもそも何なの?

こんな疑問を持ったことないですか?

 

絵画って何を楽しむの?

絵画にも色々な種類があって何が素晴らしいか分からない作品もある。

 

疑問があふれ出します。

 

ということで絵画と漫画を生み出す画家の粕川が

絵画とはそもそも何なのか?

について書いていきますね。

 

スポンサードリンク

絵画とは何?

絵を描いている人の手がある画像

 

絵画とは対照の形態を平面に表したもの。

 

例えば目の前に木がある。

それを紙やキャンバスに描き写すとそれが絵画。

 

あるいは絵具などの画材を用いて支持体(紙やキャンバス)に何かを描くこと、表現することとも言えます。

 

何らかの平面に色や線で描画された物体、これが絵画なんですね。

 

絵画ってどんな種類があるの?

絵画にも色々種類があります。

代表的なものを見ていきましょう。

 

水彩画

水滴に色がついている画像

 

水彩画は、水を溶剤とする絵具で描かれた絵画。

水彩画は絵具を塗るというより、色のついた水を塗る感じ。

ほんのり淡い、透明感のある仕上がりが特徴。

 

水彩絵の具には透明水彩と不透明水彩があります。

透明水彩はその名の通り透明で薄い塗りになります。

不透明水彩は発色が濃く、下の色や線を覆い隠します。

 

アクリル画

アクリル絵具が4つある画像

 

現代の石油化学技術の発達により生まれた絵具で、水を溶剤として描きます。

乾くのが早く、乾燥すると耐水性になるため水に溶けません。

石や壁など色んなものに描けるので重宝する絵具。

 

油彩画

油彩の絵の具やパレットがある画像

 

油彩画は、絵具を油で溶いて描写する絵画です。

西洋美術の中でも伝統的なもので、完成後の画面の艶、色合いの発色などがとても美しい。

油なので乾くのが遅く、時間をかけてじっくり描くのに適します。

 

他にもパステル画、クレヨン画、鉛筆画など色々ありますが、画材が違うという事をのぞけば、支持体の上に何かを表現するという点で一緒です。

 

絵の具は何で出来てる?水彩、アクリル、油彩絵具を分ける違いは何か?

絵画の概念が広がりつつある

現代では絵画の概念も広がりつつあるようです。

描画材にしても技法にしても色々ありますから。

 

例えばパステルやコンテなどで描かれる絵はドローイングと呼ばれる。

キャンバスに布や紙、新聞紙などを貼り付けて表現するコラージュなどもあります。

表現技法は様々あれど、支持体に対して何らかの方法で描画された表現全般を絵画というのでしょう。

 

スポンサードリンク

絵画の本質は何か?

筆が器のなかに入っている画像

 

絵画が支持体に描画された物体であることは分かった。

描かれたものが現実にある対象でも、頭の中のイメージでも絵画であることには変わりない。

では絵画の役割は何なのでしょうか?

 

①描かれたものの美しさ、華やかさ、綺麗さを楽しむ

例えば印象派の絵画は淡い、原色の晴れやかな美しい作品が多いですね。

見てるだけで視覚的に惚れ惚れできる。

それも絵画の楽しみです。

 

疲れた時、ホッとしたい時、考え事をしている時など目の前に美しい絵画があったらそれだけで幸せを感じるかもしれない。

 

絵画の一番分かりやすい楽しみ方ですね。

 

異端な個性を、世界の見方を示してくれる絵画

例えばジャクソン・ポロック、バスキア、ピカソのような絵画は単に美しいという概念では捉えきれないものがある。

 

画家独自の感覚、個性、色や造形的な実験を通して僕たちに新しいモノの見方や世界観を提示してくれる。

そんな絵画も素晴らしいと思います。

個性の強い絵画は上手さや美しさという基準から外れるものが多いですが、それゆえに芸術の神髄を感じさせてくれる作品でもあるのです。

絵画芸術が現実を越えた現実感をもたらしてくれる理由とは?

絵画とは画家自身を象徴するもの?

森,絵画

大地より生えたるもの

 

絵画とは一体なになのか?

 

僕の答えではこうなります。

 

粕川

絵画は単に描かれた物体を越えた何か。

絵画は画家の生命であり本質である。

画家は絵画に自らを託す。

 

 

なぜかというと少なくとも僕は絵画を描く時、自己を強烈に表明するからです。

単に絵を描くだけではない。

絵を通して何かが表現されたもの、それが絵画です。

 

絵画に表されるのは画家自身。

つまり絵画は画家の魂の表明なのです。

 

客観的に見ると単なる支持体に描かれた絵でしかない。

しかしそこには生命のほとばしりがあります。

画家の生きた人生、体験、感動あらゆる要素が一枚の絵に切り取られて表現されている。

それが絵画。

 

今度絵画を見る時は絵の先にある画家にも思いを馳せてみましょう。

画家の人柄、言葉、人生のストーリー…全てがあってその絵画は生まれています。

画家の人生含めての絵画なのです。

 

絵画は物体を越えた、画家の魂なのです。

芸術とは何か?芸術家の魂から生まれる意外な意味

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

-絵画について

執筆者:

関連記事

デトロイト美術館展,上野

上野のデトロイト美術館展で見たドイツ表現主義絵画の感想を書く!

2016年10月15日 東京にある上野の森美術館にて「デトロイト美術館展」を観てきた。 上野のデトロイト美術館でひときわ印象に残ったのが、ドイツ表現主義の部屋だった。   ここでは上野の森美 …

父の肖像 油彩

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

本日は画家活動の紹介で、人の顔を描くことについて書いていきます。   この絵は2017年11月頃に描いた油彩画で、父の肖像を描きました。   僕は漫画の創作やその他もろもろの仕事を …

悲しみ,絵

悲しみの気持ちを絵で描くとどうなる?感情を絵で自己表現した方法

  この絵は僕が悲しみの気持ちを絵で描いたもの。   人の感情は絵にすることができる。   あなたがもし悲しみの気持ちになったらどうするだろうか? 僕なら悲しみの気持ちを …

粕川&マロロン イラスト

漫画描きがイラストを描く5つのメリットとは何か?漫画絵描きが語る

  万賀 イラストを描くメリットって何~? イラストを描くとどんなメリットがあるかいまいち分からない人もいるだろう。   筆者はこのブログに自作のイラストをよく添付しているので、イ …

画家,森

森を描く画家が森の絵画の魅力や森を描く理由を語る

森と城を描いた油絵   森の描かれた絵画が好きな人々がいます。 森のどこに人々の関心を引き、絵に描かせる魅力があるのか?? 僕がこんな事を考える理由は、僕自身が森の魅力に憑りつかれ油彩で森を …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画