天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

絵の描き方

肖像画を似せて描くコツを紹介!元似顔絵描きが5つのポイントを語る

投稿日:2017年1月19日 更新日:

肖像画,コツ

 

粕川
この記事では元似顔絵描き経験者の筆者が、肖像画を描くコツを紹介するぞ♪
愛野すず
似顔絵描いてたんだ~、私も描いて描いて~♪

 

アルル
ここで書く肖像画のコツは、相手の顔をざっくり似せて描くということを前提に書いていきます。

スポンサードリンク

似顔絵描きをしていた体験談

僕は2006年頃、とある縁で似顔絵師をやっていたことがある。

イベント、お祭り、お店などでお客さんを前にして似顔絵を描いていた。

 

その時は色紙に、鉛筆やパステルを使って似顔絵を描いた。

時間は一人だいたい20分~30分くらいで、似顔絵を1枚仕上げる。

 

この短時間でお客さんの顔の特徴をつかみ、似顔絵を仕上げなければならない。

ただ似顔絵を描くだけでなく、その間お客さんとコミュニケーションを取りながらすすめていく。

 

その時は、こんな感じの似顔絵を描いていた。
女性の似顔絵

 

似顔絵を描く経験は、僕に良い影響を与えた。

短時間で人の顔の特徴をつかんで絵にする能力を養ってくれたのだ。

 

おかげで僕は今でも人の肖像画を描いたりする。

主に写真をもとに油絵で描くことが多い。

 

女性の肖像画

赤ちゃん,油絵

 

人の顔を描くというのは、面白い。

人間十人十色で、顔はみんな個性にあふれている。

 

そして僕はその人の顔を見ただけで、だいたいどんな感じの人なのか?というのが分かるようになってきた。

なんとなくの性格が、顔を一目見るとわかるようになったのだ。

何しろ似顔絵を描くときはじっくり相手の顔を見るので、感じるものがあったらしい。

 

ここでは筆者なりの肖像画を描くコツを紹介していこう。

 

肖像画を描くコツ1:初めにクロッキーをして手を慣らす

自画像を描いた素描

自画像を描いた素描

 

肖像画を描くコツは、その人の顔を描き始める前に手をならすことにある。

肖像画を描くために顔写真を受け取った時、まず僕はその人の顔を何度もクロッキーする。

クロッキーとは、短時間で全体像をざっくり描くこと。

 

なぜ人の顔をクロッキーするかというと、顔の感じを手になじませるため。

たくさんクロッキーをすることでだんだん、その肖像画を描くことに手がなじんでくる。

これで大丈夫と感じた時点で、キャンバスに絵の具で描きだす。

 

人によって顔が手になじむ具合が早かったり長かったりする。

顔をクロッキーすることに手がなじんでくると、スムーズに肖像画の制作は進む。

 

これをいきなりキャンバスに描きだしてしまうと、その人の顔の感覚がつかめるまでえらく時間がかかる。

手がなじむとは、その人の顔の微妙な特徴を脳に覚え込ませる段階を言うのかもしれない。

 

人の顔を似せるのは微妙なさじ加減が大切になってくる。

もし直に人の肖像画を描く人の場合は、本格的に描きだす前に、何枚かクロッキーを描かせてもらうといいかもしれない。

クロッキーで相手の顔を描くうちに、手が慣れてきたら本格的な肖像画の制作に入るのだ。

 

スポンサードリンク

肖像画を描くコツ2:顔のパーツの距離感や大きさに気をつける

村長の似顔絵

 

肖像画を描くコツは、微妙なパーツのさじ加減をよく見て、似せて描くことにある。

例えば

 

●目と眉毛の位置や距離

●目じりから耳までの距離

●鼻孔の膨らみ加減

●両眼の距離感

 

あげだすと、いろいろある。

 

顔のパーツ同士の位置関係をよく観察して描くことで、似てくるように思う。

肖像画は顔パーツの微妙な位置のずれで、がらっと印象が変わる。

そのため目、鼻、眉毛、口、耳など、パーツ間の距離や、大きさなどを注意しながら描くのが、肖像画を描くコツといえる。

 

つまり肖像画を描くコツとは、下描きの時点でしっかりデッサンをとることにある。

絵の具で描いてしまった後で、微妙な違いに気づくと直すのが大変。

 

という僕もパーツの位置外れを油彩で描いた後に、気づくことがある。

油彩画は、描いた上からいくらでも描き直せるところはうれしい。

肖像画を描くコツは、顔のパーツ同士の位置関係や大きさを似せて描くことにあるのだ。

 

肖像画を描くコツ3:木を見て森を見ずはいけない

善養寺の肖像画

肖像画を描くコツは顔全体が似てるかを確認し、細部にとらわれないことにある。

肖像画を描いていると、どうしても顔パーツの細部にとらわれて、顔全体が見れなくなることが多い。

木を見て森を見ずという状況に陥りやすいのだ。

 

ぼくも肖像画の制作中、目を似せて描こうとするために顔全体を見ていないことがあった。

これだとたとえ目は似たとしても、全体の顔として見た時に違和感が生じる。

 

肖像画はいつも顔全体が似てるかを把握し、全体が調和するように部分を描くのがコツ。

つまり顔全体の雰囲気をおさえながら、バランスを崩さない程度に部分を描きこんでいく感じだ。

いくら顔の部分を似せることができても、全体との調和がなければ、部分が目立ってしまう。

特に目を描くときに、これが起こりやすい。

 

眼はその人を表わす大切な部分だからと必要以上に描きこんで、目の部分だけリアルになることが僕も度々あった。

肖像画や似顔絵を描くとき大切なことは、顔全体のバランスである。

 

顔全体で調和のとれた時点で、部分の描写の手をとめたほうが良いと思う。

もしさらに部分を描くのであれば、顔全体の描きこみもそれと比例して増やすといいだろう。

目の部分をより精密に描きたいのなら、他の部分もそれに合わせないと、目だけが目立ってしまう。

スポンサードリンク

肖像画を描くコツ4:色味を合わせる

女性の肖像画の画像

 

肖像画を描くコツとして、顔全体の色味を合わせるようにしよう。

色味の強さを、顔全体で調和させるということだ。

 

例えば淡い色彩で肖像画が描かれているのに、唇の部分だけ過激な赤で塗られていたら、そこが目立ってしまう。

他の部分は淡い色調なのに、唇の赤が強いから、唇が飛び出たように見えてしまうのだ。

 

肖像画で注目させたいのは顔。

顔に目がいくように全体のバランスを見て色を置くのが、肖像画を描くコツといえる。

 

もちろん光があたってる場所と暗い場所では、明るさが異なるので色味は変わる。

しかし同じ光の場所なのに、ある一部分だけ色味が違うというのは、顔全体として見た時に目立つのだ。

顔の部分的なパーツを浮き立たせたいなら、周りと色味を変えて描くこともある。

しかし肖像画の色調を整えるなら、周りの色味と調和するように描くのがコツ。

 

色のトーンは光のかかり具合で変わる。

同じ光が当たっている場所は、周囲の色と色味を合わせることで、調和するのだ。

 

肖像画を描くコツ5:絵を見る距離を変えて似てるかを確認する

母の肖像画

 

肖像画を制作する時は絵を遠くから見たり、近くから見たりを交互に繰り返して、顔が似てるかどうかを確認した方がいい。

肖像画で描かれる人の顔は、見る位置によって、見え方が変わることがある。

 

ずっと同じ距離から肖像画を描いていると、離れてみた時に、顔に違和感を感じることが筆者はたびたびあった。

同じ場所からずっと描いているので、客観的に肖像画を見る意識が消えてしまうことがあるのだ。

そんなとき一度離れて肖像画を見てみると、顔の違和感に気が付けるかもしれない。

 

印象派のモネの絵は、近くから見た時と離れてみた時の見え方が違うことがある。

見る距離によって、絵がどう見えるかを計算しながら描くからだろう。

 

肖像画を描くときは、近くからと離れてからの両方から見て、似ているかを意識するのがコツである。

 

肖像画を描くコツのまとめ

肖像画を似せて描くコツをまとめると以下である。

 

1:手をなじませるために、顔をクロッキーで描く

2:顔のパーツの距離感や大きさを観察し、似せて描く

3:肖像画の全体が似てるかを常に意識する

4:色味を肖像画全体で合わせる

5:肖像画は近くからと離れてから、両方の距離で観察し、似てるかを確認する

 

 

これらは肖像画を似せることに意識を置いた描き方である。

表現として絵を歪ませたり、突拍子もない色を置くという手段もあるだろう。

それはあなたの描き方によって違ってくる。

 

しかし人の顔をよく見てたくさん描くことで、肖像画を描くコツは見えてくるに違いない。

 

愛野すず
以下の記事では肖像画と似顔絵の違いについて解説しています♪

肖像画と似顔絵の違いは何か?元似顔絵描きと肖像画描きをしていた画家が語る!

 

バカオ
「人の顔を描いて、その人の魂をとらえる!」そんな思いを以下の記事で書いてるよ♪

人の顔を描くことで、その人の魂をとらえる

 

スポンサードリンク

-絵の描き方

執筆者:

関連記事

チッティと仲間たちのイラスト

【漫画のつけペン練習法】簡単5つのペン練習と練習用の紙とは

「使いずらいな~、漫画のつけペンって!」 ふだん使っているボールペンや鉛筆に比べて、漫画のつけペンは慣れるのに時間がかかります。   「よし、漫画のつけペンの線を引く練習するぞ!」って思われ …

少女がタオルを持つイラスト画像

漫画を描く人が最低限しておきたい2つの絵の練習とは?漫画絵の練習体験記も語る

  漫画を描く人が、最低限練習しておいた方が良いことがある。 それは、人体と表情を描く練習だ。   ぼくは現在でもヒマを見つけては、人体や表情を描く練習をしている。 なぜ漫画を描く …

絵画,習作

絵画の習作は練習台ではなく完成作を支える作品だった!

  絵画の習作は単なる練習台ではない。 習作は完成作を支えるために必要な道程である。   だから絵画の習作とは完成作を支える作品なのだ。   そんなことを思ったのでこの記 …

絵,感覚,で,描く

絵を感覚で描く創作法を紹介!雰囲気を感じてそのまま絵にしよう

  絵を感覚で描く創作法がある。 僕は雰囲気を敏感に感じ取り、絵や漫画を感覚で描くことがある。   この記事では、絵を感覚で描く創作法について解説していこう!   Con …

漫画の体の描き方を基礎から攻略!全身が描けない人はまずここから

  漫画を描くとなるとキャラクターの体全身を描く機会も出てくるでしょう。 でも「体の描き方がよく分からないよ~」「体が全然描けないよ~」なんて方もいるかもしれません。   人間の体 …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画