天才漫画アート芸術家

漫画とアートが融合した「漫画アート」を生み出す、自称「天才漫画アート芸術家」粕川裕康の公式ブログ!WEB漫画アート作品の公開、最大の感動を受けたアーティストや傑作の紹介、漫画や絵を描く人におすすめな商品の紹介、漫画の描き方、好きな事を仕事にして生きていく方法や筆者の人生遍歴を紹介するサイトです!

マインド

漫画表現における線の生命感の大切さとは?人間的な線を描こう!

投稿日:2017年11月6日 更新日:

漫画,表現,線

 

万賀
このページでは漫画表現における線の生命感の重要性について書いています!

昨今は漫画制作がデジタルに移行して、漫画の線もペンタブなどを使って描く人が多くなってきた。

 

確かにパソコンソフトなどで漫画の線を描くのは、デジタル漫画制作をする上で効率が良いだろう。

 

しかし手描きから生まれる漫画表現の線の魅力もあるはず。

 

この記事ではそんな手描きの漫画表現の線を愛する漫画アート芸術家が、漫画表現における線の生命感の大切さについて書いていこう!

 

まずは筆者がアナログで描いた芸術家ネタの四コマ漫画をのせていこう。

 

 

バカオ絵描きになる

 

スポンサードリンク

漫画表現における線の生命感は手描きから生まれる

漫画表現における線の生命感は、つけペンや筆などを使って描くことによって生まれる。

そんなことから僕は上に掲載した漫画もふくめて、手描きで漫画を描くことが多い。

 

手描きで漫画を描く際に僕が良く使っているのがGペンや丸ペンである。

 

この四コマ漫画を描く時に使用したのは、以下の画像にあるゼブラのGペンに日光の丸ペンだ。

 

Gペン,丸ペン

 

僕はクリップスタジオペイントEXという漫画制作ソフトを持っているので、その気になれば絵を加工してもっと見栄えの良い線にする事は出来る。

 

しかし僕が絵画や漫画を作る時に大切にするのは、「人間の手から生み出される生命感」だ!

一本の線にも描いている人の性格が宿り、個性が出る。

特に漫画のつけペンというのは線の強弱がつけられるので、個性を出しやすい。

 

人間の手から生み出される生命感というのは、言いかえれば「いびつさ」「線の微妙なブレ」なども含めたその人にしか出せない、その瞬間だけの線ということ。

この人間的な線のいびつさ、ライブ感を作品に残しておきたいと思っている。

 

僕もクリップスタジオを使って明るさやコントラストをいじったり、トーンを貼ったりはする。

しかし絵や線まで加工すると、生命感の宿ったいびつな線を「キレイに整えてしまう」事になる。

ペンタブレットで絵を描くというのも、手描きの線がPC上で変換されてしまうので、手描き程の生命感を残すことは難しい。

 

線をキレイに整えてしまうとせっかく出てきた生命感のある線を犠牲にして、機械的で味のない線にしてしまう。

 

線をキレイに整えることは大切だ。

しかし漫画表現を行うときに重要なことは「その作家から生まれる生命感」だ!

 

漫画制作ソフトで線などを加工した絵というのは音楽で言うとCD音源のようなもの。

できる限り自分の手で描き、線や絵の加工をあまり行わずに見せる絵はライブ音源のようなもの。

 

僕は圧倒的に後者、ライブ感のある絵や漫画表現を大切にしていきたい。

多少の線のブレ、ヨレがあってもその瞬間にしか出せない線や絵の味を残しておくのだ。

 

チャーリー・パーカーや古今亭志ん生のような漫画表現をしたい!

漫画表現の線の生命感について書くとき、JAZZ演奏家のチャーリー・パーカーや落語家の古今亭志ん生の例をあげたくなる。

 

チャーリー・パーカーといえばアドリブ演奏がウリのアルトサックスプレーヤー。

 

パーカーはその時の気分に応じて自由に曲をアドリブで展開していき、演奏をする。

ライブ中の瞬間瞬間に生まれた発想で曲を彩るパーカーのような表現は素晴らしいと思う。

まさにパーカーは人間的な演奏をするJAZZプレーヤーだ。

 

落語家で言えば毎回同じ調子で噺をしていく八代目・桂文楽よりも、五代目古今亭志ん生のような噺家でいたいと思う。

志ん生は同じ噺をしていても、高座のたびに内容が微妙に変化していく。

志ん生はその時々の感覚に合わせて噺をするので、同じ噺でもアドリブが効いた微妙な変化を楽しめる。

 

この志ん生の落語家としての在り方が、とても人間的だなぁと思う。

 

人間は生命体なので、機械のように同じことをずっと生産し続けることはできないのだ。

どこかに人間臭いいびつさがあって、それが噺でも演奏でも漫画の線にも出てきたりする。

 

この人間的な微妙なズレ感覚が、漫画表現における線でも大切だと思う。

 

 

僕なら表現者として五代目古今亭志ん生やチャーリー・パーカーのような芸をしたい。

 

これら志ん生やチャーリー・パーカーのようなアドリブ、その瞬間の感覚に従って表現を行うような人達を僕は「生命感を大切にする表現者」と呼んでいる。

 

線も音楽も落語も、その瞬間にしか出せない、人間だけが生み出せる生命感というものがある。

この生命感を作品にとどめることが重要なのだ!

 

漫画作成ソフトで絵や線の加工を行うというのは、せっかく出てきた生命感を殺すことに等しい。

 

だから僕はその時々の感覚を絵やアイデアに込めて、「人間的な、生命感のある」表現を行っていこうと思っている。

 

以下の記事ではGペンや丸ペンの使い方や線の生命感についても書いているので、興味のある方はどうぞ♪

Gペンと丸ペンの違いや使い分けを解説!線に込められた生命感とは

 

 

すず
今日もブログをお読み頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-マインド
-,

執筆者:

関連記事

週刊100人,歴史は彼らによって作られた

週刊100人歴史は彼らによって作られたの自分版表紙を作った理由は伝説化の先取り?揺るぎない自信の理由を明かす!

  株式会社デアゴスティーニ・ジャパン(DeAGOSTINI)という出版社が発行する分冊百科シリーズに、「週刊100人歴史は彼らによって作られた」があります。 「週刊100人歴史は彼らによっ …

漫画のペン入れをしている画像

漫画を描くモチベーションが爆発的に上がる簡単な2つの方法を紹介!

  どうも、漫画アート芸術家の粕川です(@artkasukawa)! 万賀 漫画を描くモチベーションが上がる方法はないかな~ ページ数の多い漫画を構想からネーム、絵を描いて仕上げるには、労力 …

sns,距離を置く

SNSと距離を置くか迷う人がポジティブにSNSを活用する為の考え方

  「SNSと距離を置くって大丈夫かな?」 こんな風に思えるくらい、現代人の生活にはSNSが浸透しています。   「友達は今何をしてるんだろう?」 「気になるあの人はどんなつぶやき …

高校時代,漫画

高校時代に描いた漫画雑誌とは?あなたが過去に描いた絵は価値がある

  高校時代に漫画を描いてた人っていると思うんですよ。 もちろんぼくも高校時代に漫画を描いてました。 ぼくは小学校1年生のころに漫画を描き始めたので、その延長で高校時代も漫画を描いてました。 …

瞑想,発想

瞑想をすると創作的発想が浮かぶ!瞑想してる時に浮かんだ絵を描いた幻想の森

筆者が描いた油彩の幻想の森   筆者は瞑想から発想を得て、漫画アートを創作する表現者である。   瞑想をすると、創作の発想が豊かにやってくる。 上にある森の絵も、筆者が瞑想をしてい …

スポンサードリンク

サイト内検索

漫画アートYouTube動画も配信中!
漫画アートの動画や漫画を手描きしている様子を撮影した動画チャンネルは以下のリンクをクリック!⇒
天才漫画アート芸術家の公式YouTubeチャンネル
アート&イラスト作品集は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
8才の頃から続けてる空想で作った物語の誕生秘話は以下の画像をクリック♪
アート,イラスト,作品集,広告
プロフィール

プロフィール

自分の写真

肩書

天才漫画アート芸術家の粕川裕康/漫画描き、絵描き、ブロガー、Webライター、漫画アートYouTuber

プロフ説明文

漫画とアートが融合した「漫画アート」の創作をする、自称「天才漫画アート芸術家」!物心ついた頃には絵を描いており、7歳のときに漫画を描き始め、18歳のときに絵画と出会う。その後、漫画とアートは自分の中で一つとなり「漫画アート」となりました。2009年~2013年ころにFC2やSeesaa(無料ブログ)でブログを書いていました。2016年9月にワードプレスにてブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。僕にとって漫画も絵も文章も映像制作も、生きること全体が「漫画アート」なのです!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!
●Amazonで無料ダウンロードできる漫画の制作経緯は以下の画像をクリック♪
●風変わりな表現者の野望を書いた記事は以下の画像をクリック♪
最新記事はこちら!

RSS Feed RSS - 投稿

漫画アート芸術家も大きな影響を受けた心温まる名作海外ドラマ!
関連記事はこちら!
関連記事はこちら!
ブログランキングに参加しました♪
ブログで連載中の漫画